知っておいて損はない!高血圧の薬「アムロジピン」の副作用!?


「副作用のない薬はない!」と言われるように、眠気を感じたり、お腹がゆるくなったりなど、どんな薬にも大なり小なり副作用はあります。

本来期待する効果を得るためには、多少の副作用は許容する必要がありますし、市販薬や通常の病院で処方される薬にはそこまで重大な副作用がある薬は、あまりないこともあり、普段薬を飲む際に「副作用」をいちいちチェックして飲むことが少ないのが現実です。

高血圧の際に処方される薬も例外ではなく、それぞれの薬に副作用があります。

しかし、降圧薬と呼ばれる高血圧の薬は、服用期間が長くなる分、軽く小さな副作用も蓄積されて結果大きな症状として、体調不良などを引き起こすことがあるので注意が必要です。

そこで、今回から代表的な降圧薬の副作用を紹介していきます。

今回は「アムロジピン」の副作用と注意点です。 「知っておいて損はない!高血圧の薬「アムロジピン」の副作用!?」の続きを読む…

降圧薬の副作用で味覚障害に!?最近食事が美味しくないと感じたら要注意!

以前にも降圧薬の副作用などをまとめて紹介しましたが、いろいろと調べているうちに降圧薬が原因とされる気になる副作用を見つけてしまいました。

それは「味覚障害」です。

私自身、「味覚障害」という言葉は知っていますが、なんとなく「味を感じにくくなるのかな」くらいの知識しかありませんでしたので、今回は味覚障害と降圧薬の関係について調べてみました。 「降圧薬の副作用で味覚障害に!?最近食事が美味しくないと感じたら要注意!」の続きを読む…

最近飲んでない・・・高血圧の薬ってやめるとどうなるの?

高血圧に限らず、どんな病気の時でも病院に行くのって結構面倒ですよね。

病院によっては、すごく混んでいて待ち時間が長かったり、土日が休診日で平日に会社を休まなきゃいけなかったり、遠かったり・・・などなど。

薬が簡単に手に入れば、服用するだけですから問題ありませんが、その薬をもらいに行くのが面倒に感じて、通院しなくなった結果、薬を飲むことをやめてしまう。

こんな悪循環を経験したことがある人いると思います。

では、本題に戻りまして高血圧の薬「降圧薬」は、上記のような理由があるにせよ自己判断で服用を中止した場合、どうなってしまうのか・・・。

調べてみました。 「最近飲んでない・・・高血圧の薬ってやめるとどうなるの?」の続きを読む…

病院に行くのが面倒・・・高血圧の薬「降圧薬」って市販されてないの?

「降圧薬」を処方された場合、2週間程度で再度通院して測定、血圧が安定しない場合は、また2週間後・・・なんてことがよくあります。

薬を飲むのは良いのですが、何度も通院するのが途中で面倒になったり、どうしても仕事の都合上、予定が合わなくていけなかったりすると、途中であきらめて通院をやめてしまう場合が結構あるみたいです。

そんな時に、風邪薬などの様に高血圧の薬も市販されていれば、便利なのにと思ったことのある方は多いのではないでしょうか。
しかし、実際に薬局などに行ってみると、降圧薬は市販されているモノがないことに気付きます。

そこで今回は、なぜ高血圧の薬「降圧薬」は市販されていないのか調べてみました。 「病院に行くのが面倒・・・高血圧の薬「降圧薬」って市販されてないの?」の続きを読む…

高血圧の薬の名前・・・知っていますか?代表的な薬を紹介します。

高血圧と診断されたとき治療する際に処方される薬(降圧薬)は様々ありますが、それぞれの薬の名称や特徴などは、知っていますか?

そこで、今回は主な薬(降圧薬)の名称や特徴、副作用など紹介します。 「高血圧の薬の名前・・・知っていますか?代表的な薬を紹介します。」の続きを読む…

この頭痛・・・高血圧が原因?治し方教えます!

高血圧には自覚症状があまりないといわれますが、その中でも高血圧の方で「頭痛がする」と言うのは、よく聞く話です。

実際、高血圧の方は血液の循環がうまく機能せず、血流が滞ってしまい、血管が炎症を起こしたり腫れている場所の神経を刺激し、前頭部または後頭部に頭痛が発生するようです。

頭痛はほとんどの人が経験したことのある症状ですが、発症すると仕事や勉強などが手に付かなくなったり、ひどい場合には立っていられなくなったりと重症化してしまうこともあります。

さらに、高血圧の方の場合は脳梗塞や脳内出血などの重大な病気を心配しなければならない状態にあるので、少々の頭痛でも極度の不安やストレスに襲われることがあり、実際にそのときの頭痛が危険なものでなくても、できるだけすぐに治す、緩和させることで精神的な安心を感じることができます。 「この頭痛・・・高血圧が原因?治し方教えます!」の続きを読む…

高血圧の薬と「グレープフルーツ」は、やってはいけない組み合わせだった!


インターネットなどで「降圧薬」とか「高血圧の薬」と検索すると検索の予想キーワードに「グレープフルーツ」と出てくるのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

なぜ「グレープフルーツ」なのか、気になりませんか?

今回は「降圧薬」と「グレープフルーツ」の関係について調べてみました。 「高血圧の薬と「グレープフルーツ」は、やってはいけない組み合わせだった!」の続きを読む…

それどんな薬?高血圧の薬には副作用はある?ない?

高血圧と診断されると、現在では上が140mmHg以上もしくは、下が90以上で血圧を下げる薬である「降圧薬」が処方されます。

私も処方されたことがありますが、それぞれの降圧薬に対して、副作用の説明を受けた記憶がありません。

そこで、代表的な降圧薬の紹介とその薬に副作用や注意点があるのかを調べてみましたので、参考にしてみてください。 「それどんな薬?高血圧の薬には副作用はある?ない?」の続きを読む…

高血圧は薬で下げちゃダメ!?それって本当なの・・・?

・高血圧+病院=薬(降圧薬)が当たり前になっている

健康診断などで高血圧と診断され、病院に通い始めると薬(降圧薬)が処方されるのは当たり前のことになっています。

カルシウム拮抗薬や利尿薬など種類は様々ありますが、何らかの薬を処方され1週間から2週間程度様子をみて、また病院での測定という感じになります。

実際、私も病院に通っていた時期はノバウスク錠などの薬を数種類処方され、2週間に1回通院し血圧を測定していました。

おそらく20代など若いうちは、生活習慣の改善などを促される程度で済むのかもしれませんが30代40代と年齢が上がるごとに「高血圧=薬」という対応が取られることは当たり前なのではないでしょうか。

「高血圧は薬で下げちゃダメ!?それって本当なの・・・?」の続きを読む…