妊娠中の高血圧は危険!気になる原因と胎児への影響は?

今回は、妊娠中の高血圧について調べてみました。

私の奥さんは妊娠中には高血圧などの症状はなかったのですが、一応そのときも調べたりもしていましたが、今回はより詳しく調べてみましたので、現在妊娠中の方も旦那さんもチェックしていただければと思います。

・妊娠高血圧症候群=妊娠中毒症?

妊娠中に何にかしらの原因で高血圧になってしまうか、高血圧に加えて血液中のたんぱく質が尿と一緒に出る蛋白尿(たんぱくにょう)がみられる症状をまとめて妊娠高血圧症候群と言います。

尚、昔は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

日本産科婦人科学会の定めるところでは、「妊娠20週以降、分娩後12週まで」に起こるものを妊娠高血圧症候群として、
「妊娠20~32週未満で発症」・・・「早発型」
「妊娠32週以降に発症」・・・「遅発型」
と、分けているそうです。

妊娠高血圧症候群は、妊婦の約3〜7%の方に発症するといわれ、重症化してしまうと母子ともに命に危険を及ぼすこともあるとされています。 「妊娠中の高血圧は危険!気になる原因と胎児への影響は?」の続きを読む…