スポンサーリンク

睡眠不足で高血圧になる!?その原因と解決法は?


睡眠不足になるとどうなるか・・・「日中、眠くなる」「肌荒れになる」とか、それらも間違ってはいませんが、睡眠不足はもっと深刻な疾患を引き起こすことが分かっています。

そこで、今回は睡眠不足と高血圧の関係について調べてみました。

・睡眠不足で高血圧になる?!

高血圧は現在、生活習慣病の中で最も患者や予備軍の方が多いといわれていますが、アメリカ・シカゴ大学保健学部の研究で、十分な睡眠をとっていない中高年は高血圧になる可能性がより高くなると発表されました。

つまり睡眠時間が少ないほど高血圧になる割合が高く、睡眠時間が「6時間のグループ」と「5時間のグループ」を比較すると、「5時間のグループ」の方が高血圧になる割合が37%も高かったそうです。

このたった1時間の睡眠時間の差でも、高血圧になる確率が上がるということは、慢性的な睡眠不足の場合はより高血圧になる危険性が高いと思ったほうが良いでしょう。

・睡眠不足で高血圧になる原因は?

睡眠不足で高血圧になる原因・・・それには自律神経が大きく関係しています。

一般的に健康な人は朝起きてから徐々に血圧が上がり日中は正常値ですごし、夕方以降から徐々に血圧が下がり始めることで眠くなり、就寝中はもっとも血圧が低い状態になります。

これは、日中は「交感神経」が、夜は「副交感神経」がそれぞれ優位に状態になっているからで、就寝中は血圧が低くなるように調節されているのです。

しかし、睡眠不足になると日中と同様に「交感神経」が高ぶったままになってしまうため、夜間の血圧が下がらなくなります。

その結果、朝起きたときのスタートの血圧が高くなり、そこから日中にかけて血圧が上がっていくので、その分正常値より高くなり高血圧となってしまいます。

また、睡眠不足と併せて「不眠」を意識してしまうと「眠れない」というストレスを抱えること自体が、血圧に悪影響を与える場合もあります。

・睡眠不足にならないためには

睡眠不足にならないためには、ずばり「睡眠の質を上げる」ことです。

中には寝つきが良くなるからといってお酒の力を借りる人がいますが、飲酒した状態での睡眠は、眠りが浅く睡眠の質も悪くなりますので、いくら早く寝ても逆効果になります。

 睡眠の質を上げるためには以下のようなことに注意してみましょう
 毎日、起きる時間を一定にする。
 昼寝をする場合は、午後3時頃までに、15から20分程度にする。
 夕食は寝る3時間前までに済ませておく。
 入浴は寝る1~2時間前までに済ませ、ぬるめのお湯にゆっくりつかる。
 眠る前1~2時間はパソコンやテレビ、携帯電話など、強い光を避ける。

その他にも日中できれば適度な運動をして、ほどよく疲れておくことも睡眠の質を上げてくれます。

また、眠くなる前に布団に入ってしまうと「早く寝ないと」とか焦りが出て余計に寝付けないなんてことにもなりかねないので、ある程度眠気が来るまでは、静かな音楽を聴いたり、照明を少し落として本を読んだり、出来る限りリラックスできる状態でいることがオススメです。

今回の下げ活ポイント

今回の下げ活ポイントは【睡眠の質を上げて、血圧を下げよう】です。

今回、調べてみて睡眠が血圧に与える影響がかなり大きいことに驚きました。

たった1時間の睡眠時間の違いで高血圧になる確率がグンと上がるので、食生活の改善や運動不足解消にプラスして「睡眠の質の改善」も下げ活には必要な要素になると改めて感じました。

しかし、あまり意識しすぎて考えすぎたり、寝れないことに悩んだりすると逆効果なので、その辺は、あまり難しく考えすぎずに気楽に睡眠と付き合って行った方が良いかも知れません。

自然と眠くなって、眠くなった時に寝れる・・・そんな環境づくりや時間の管理も必要になりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す