スポンサーリンク

特に女性は要注意!ホットフラッシュには高血圧が隠れている!

皆さんは「ホットフラッシュ」という言葉を聞いたことがありますか?

一見すると必殺技の様な言葉ですが、更年期の女性の7~8割程度の人が感じている厄介な症状のひとつです。

また、ホットフラッシュの症状があるかたの大半に高血圧の症状があるという調査結果もあり、更年期の女性に起こる症状のうちの一つということだけで無視できない存在になっています。

では、まずホットフラッシュがどんな症状なのか見てみましょう。

・「ホットフラッシュ」はこんな症状!

「ホットフラッシュ」は身体が「のぼせ」や「ほてり」で大量の汗をかくのが特徴の様です。

さまざまな更年期の症状のなかでも、代表的な症状の一つとして扱われています。

また、上半身は暑くなっているのに、下半身は冷えている「冷えのぼせ」と言われる症状で悩んでいる人もいるということです。

そして、これらの症状の原因は女性ホルモンの低下にあり、自律神経のバランスがくずれることで、血流が悪くなり、体温や発汗を調節する機能が乱れることで起こるといわれています。

さらに、日々の生活の中でストレスが過度に溜まっていたり、体を動かす機会が少なく運動不足になると、悪化しやすくなるとも言われています。

・「ホットフラッシュ」で気を付けること

「ホットフラッシュ」の症状が出て大量の汗をかいたあとは、身体が冷えやすくなるため、無駄に体温が下がることで免疫力が低下します。

その結果、風邪をひいてしまったり、身体の冷えがひどくなることがあります。

その他、顔が赤くなってしまうことや、大量の汗をかいていることを見られることが恥ずかしいと感じることで、人と接っしたり、外出することに抵抗が出てきてしまうという弊害もあります。

さらに、「ホットフラッシュ」の症状がひどい場合は、高血圧や心臓疾患など、他の病気が隠れている可能性も有るので、注意が必要です。

のぼせやほてりを伴う「ホットフラッシュ」は女性ホルモンの減少が原因とされているので、女性ホルモンを補うホルモン補充療法を行うことで改善への効果があるとされています。

市販薬や生活習慣の改善などのセルフケアで症状が改善しない場合は、早めに婦人科を受診することをオススメします。

・「ホットフラッシュ」 には高血圧が隠れている?!

女性ホルモンが減少することで起こる「ホットフラッシュ」は女性特有の「更年期高血圧」とも深い関係があります。

ある調査では「ホットフラッシュ」の症状がある女性とない女性を比べた場合、圧倒的に「ホットフラッシュ」の症状がある女性の方が高血圧であるということが分かったそうです。

これは、女性ホルモンの「エストロゲン」が低下したことに理由があります。

エストロゲンには血管拡張作用があるのですが、このエストロゲンが減ってしまうことで血管の柔軟性が低下し、血液が流れにくくなり血圧が上がりやすくなります。

さらに普段の生活やホットフラッシュが原因の精神的なストレスや不眠などが加わり、より血圧が変動しやすい状態になります。

つまり、更年期になると女性ホルモンが低下することで、「ホットフラッシュ」と「高血圧」が同時に起こっている可能性があるということになりますので、「ホットフラッシュ」は女性特有の高血圧の自覚症状の様なものと理解して、血圧の定期的な測定や医療機関の受診を行い早めに治療することが重要になります。

・「ホットフラッシュ」+「タバコ」がさらに危ない!


ここまでで、「ホットフラッシュ」であれば「高血圧」である可能性が高いということが分かっていただけたと思いますが、それにプラスして「タバコ」つまり喫煙を行っている人はかなり要注意です。

「ホットフラッシュ」や「高血圧」の症状のある人は、女性ホルモンのエストロゲンが減少している状態で、血管の柔軟性が低下し血液の流れが悪くなっている状態です。

そこへタバコを吸うことで起こる「血管の収縮」「血流の低下」などが血管自体にダメージを与える結果とり、高血圧や動脈硬化などをさらに進行させてしまいます。

タバコがいかに高血圧に悪い影響を与えるかはこちらの記事で詳しく説明しています。
⇒やっぱりタバコはダメでしょ!高血圧にも百害あって一利なし!

・「ホットフラッシュ」 の改善には有酸素運動?!


「ホットフラッシュ」などの更年期の症状には、運動不足の解消や食生活の改善などをあわせて行うことが大切です。

中でも「ホットフラッシュ」に対しては、有酸素運動で自律神経のバランスを整えるのと同時にストレスを解消することが効果的です。

高血圧にも効果のあるオススメの有酸素運動はこちらから確認してみてください。
⇒高血圧を下げるにはこんな運動がオススメです!

また、のぼせ、ほてりのある「ホットフラッシュ」は上半身に熱がこもり、下半身の末端血流が低下することで、冷えが進みやすいので、下半身の血流をよくするために、足湯や半身浴をして、下半身を温めることを心がけましょう。

しかし、寝ているときに足が冷えるからといって靴下を履いている人は、足の指に汗をかくと逆に冷えるので、寝ているときの靴下はやめましょう。

どうしても、冷える場合は締め付けのきつくないレッグウォーマーを使用するのがオススメです。

今回の下げ活ポイント

今回の下げ活ポイントは【ホットフラッシュに隠れた高血圧・・・の裏に隠れた重大な病気にも要注意!】です。

必ずしも「ホットフラッシュ」=「高血圧」ではありませんが、「高血圧」になりやすい体の状態になっているということは確かです。

「更年期だから仕方ない」なんて考えずに、早めに医療機関を受診したり、自宅での血圧測定などを行い、「高血圧」の裏にも隠れているかもしれない重大な病気の早期発見にも繋げていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す