スポンサーリンク

妊娠中の高血圧は危険!気になる原因と胎児への影響は?

今回は、妊娠中の高血圧について調べてみました。

私の奥さんは妊娠中には高血圧などの症状はなかったのですが、一応そのときも調べたりもしていましたが、今回はより詳しく調べてみましたので、現在妊娠中の方も旦那さんもチェックしていただければと思います。

・妊娠高血圧症候群=妊娠中毒症?

妊娠中に何にかしらの原因で高血圧になってしまうか、高血圧に加えて血液中のたんぱく質が尿と一緒に出る蛋白尿(たんぱくにょう)がみられる症状をまとめて妊娠高血圧症候群と言います。

尚、昔は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

日本産科婦人科学会の定めるところでは、「妊娠20週以降、分娩後12週まで」に起こるものを妊娠高血圧症候群として、
「妊娠20~32週未満で発症」・・・「早発型」
「妊娠32週以降に発症」・・・「遅発型」
と、分けているそうです。

妊娠高血圧症候群は、妊婦の約3〜7%の方に発症するといわれ、重症化してしまうと母子ともに命に危険を及ぼすこともあるとされています。

・妊娠高血圧症候群の原因は?

明確な発症原因は今のところ分かっていないようです。

しかし、発症する要因、発症しやすい人の特徴はある程度分かっているので、下記に該当する方は注意が必要です。
 年齢が15歳以下もしくは40歳以上
 肥満傾向にある方
 すでに高血圧の方や甲状腺機能障害、糖尿病などの症状がある方
 妊婦自身の母親が妊娠高血圧症候群を発症したことがある方
 はじめての妊娠の方
 その他としては、多胎妊娠、胞状奇胎の方
が発症しやすい人の特徴として挙げられます。

・妊娠高血圧症候群の自覚症状は?

「妊娠高血圧症候群」は、「症候群」とついていることから分かるように、高血圧だけが症状として現れるのではなく、様々な病気の総称として使われています。

代表的な疾患一つである、「妊娠高血圧」であれば高血圧だけが症状として現れ、それによる「めまい」や「頭痛」が起こることがあるとされています。

また、「むくみ」が特徴的な自覚症状としてありますが、むくみ自体は妊婦さんの約3割の方に見られますので、妊娠高血圧症候群によるものかどうかを判断するのは難しいとされています。

ちなみに「むくみ」自体は母体と胎児に悪影響を与えないと考えられています。

また、妊娠中に急激に体重が増加いたという場合も妊娠高血圧症候群の自覚症状の一つになるそうです。

さらに、「妊娠高血圧腎症」を発症した場合は、高血圧の症状だけでなく蛋白尿(たんぱくにょう)が出るようになります。

※この「妊娠高血圧腎症」は「妊娠高血圧」よりも危険度が高いといわれ、症状が進行すると合併症を起こすこともあります。

母体とお腹の赤ちゃんへの負担が大きくなり、痙攣を起こして命にかかわることもある「子癇発作」が起こったり、脳や肺、肝臓、腎臓などの全身の臓器に機能障害を引き起こす場合もあるとのことなので、細心の注意が必要です。

自覚症状が出る前に、妊婦健診で血圧や蛋白尿(たんぱくにょう)を調べ、妊娠高血圧症候群を早期発見するということは、さらなる合併症の予防や、妊婦自身の母体そしておなかの中の赤ちゃんへ危険を未然に防ぐことに繋がりますので、妊婦健診は定期的に必ず受けるようしてください。

・気になる胎児への影響は?

妊娠高血圧症候群の症状の1つである「妊娠高血圧腎症」の場合は、胎盤が分娩前に子宮壁から剝がれてしまい大量出血を起こす「常位胎盤早期剥離」が起こりやすいといわれているそうです。

また、胎盤の機能がうまく働かなくなることで、胎児に送る酸素や栄養が不足して「胎児発育不全」「胎児機能不全」などを引き起こすこともあり、最悪の場合は胎児死亡に至る可能性もあります。

さらに、妊娠高血圧症候群のなかでも妊娠32週未満で発症する「早発型」の方に胎児発育不全が見られやすいことがわかっているそうです。

・治療法や予防法は?

「妊娠高血圧症候群」を根本的に治療するためには、妊娠を中断してすぐに分娩を行う必要があります。

しかし、一般的に妊娠34週未満で、胎児がまだ未熟なときは、可能な限り妊娠を継続させて分娩のタイミングを慎重に判断する必要があります。

比較的軽度な「妊娠高血圧症候群」の段階であれば、入院をし安静にしたうえで食事療法を行います。

高血圧の原因になりやすい塩分の摂取量や、食事内容のコントロールをおこない、同時に血圧を抑える降圧薬や、子癇発作を予防する硫酸マグネシウムなどを投与する場合があるそうです。

入院、食事管理の結果、症状が落ち着けば、通常どおりに分娩を行うそうですが、軽症の場合でも母体や胎児に危険があると判断される場合は、正期産の時期より前であっても帝王切開もしくは分娩誘発が行われます。

予防法については、「妊娠高血圧症候群」自体の明確な原因がはっきりしていないので確実に予防する方法は今のところないようです。

しかし、肥満やもともと高血圧の方は発症しやすいため、普段から健康的でストレスのない安定した生活を心がけることで「妊娠高血圧症候群」の予防につながります。

普段から、食事は栄養のバランスが取れたものを摂り、ストレスはうまく解消しながら、適度な運動行い、さらに睡眠も十分にとるようにすることなど、健康的な生活をしておくことも重要です。

もし、妊娠中に頭痛があったり、急激に体重が増えてしまったなどの症状があった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

今回の下げ活ポイント

今回の下げ活ポイントは【定期検診をしっかりと受けて、自宅でも血圧の測定を】

です。

妊娠中の高血圧は、自分自身(母体)に悪影響があるだけでなく、おなかの中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。

決められた定期健診をしっかりと受けて、早期発見、処置が出来るように行動しましょう。

また、定期的に自宅でも血圧測定を行うことによって、日々の変化に敏感になることも早期発見につながります。

スポンサーリンク

コメントを残す