スポンサーリンク

30代、40代、50代・・・年齢別の高血圧の数値に要注意!

・知っていますか?血圧の正常値

一般的に血圧の正常値は・・・
 上が130mmhg未満
 下が85mmhg未満
と、言われています。

このどちらかの基準値を超えた場合に高血圧ということになります。

さらに正常値の範囲は性別、年代別でも細かく設定されています。

・男女別、年齢別の血圧正常値は?

 男性の場合
30代・・・124/79
40代・・・130/84
50代・・・138/85
60代・・・142/84
70代・・・146/80

 女性の場合
30代・・・114/71
40代・・・123/77
50代・・・133/81
60代・・・140/82
70代・・・145/79

上記のように血圧の正常値は男女別、年齢別で微妙に違い、細かく設定されていることが分かると思います。

また、年齢を重ねるにつれ正常値の設定が高くなっていることから、加齢による血圧上昇がどんな人にも起こるということも分かり、高齢になればなるほど高血圧に気を付けなければいけないことと、若いうちからの予防が大切であることが分かります。

では、どれくらいの人が血圧の正常値をキープできているのか?

・キープできてる?!血圧の正常値・・・

血圧の正常値が男女別、年齢別に設定されている一方で、どれくらいの人が正常値をキープできているかのデータも公表されています。

血圧が正常値の人の割合

 男性の場合
30代・・・85%
40代・・・65%
50代・・・43%
60代・・・26%
70代・・・19%

 女性の場合
30代・・・62%
40代・・・41%
50代・・・31%
60代・・・22%
70代・・・18%

男女ともに、やはり歳を重ねるごとに正常値の人の割合は低くなっていて、60代になるころには、男女ともに2割程度のまで下がっています。

女性の方が正常値の割合が少ないのは、生理中や更年期で血圧が上がってしまうことや、このデータはあくまでの正常値の人の割合なので、低血圧の人も含まれていないためだと思います。

・30代以降・・・中年と呼ばれる頃には要注意!

男女ともに30代を過ぎ40代になるころには、約半分の人が血圧の正常値から外れていることになります。

女性の場合は先ほども言ったように、生理中や更年期での高血圧の他、逆に低血圧の人もいるので、正常値を外れたからと言って一概に高血圧の人が多いとは言えませんが、要注意なのは男性です。

男性の場合、40代の頃には3人に一人は高血圧であると言われています。

その原因としては、飲酒や喫煙、メタボなどが挙げられています。

20代から当たり前のようにお酒を呑む機会が増え、30代、40代とそのままのペースで飲酒を続けていると、飲酒による血流の増加から高血圧を発症したり、お酒に欠かせない「おつまみ」などは味の濃い塩分多めのモノが多いし、「シメはラーメンだ!」なんて言っていると塩分の摂りすぎやメタボが原因で高血圧を発症してしまいます。

 喫煙も血圧には良いものではありません。
1本のタバコで血圧は10~20mmHg上昇し、約15分間その状態が継続するというデータがあります。

仮に1日に1箱20本吸えば、15分×20で300分!約5時間もの間、高血圧状態が続きます。

タバコも20代から当たり前のように吸いはじめ、30代、40代と吸い続けていれば、間違いなく血圧を上げてしまう原因になります。

それでなくてもタバコの吸いすぎは、動脈硬化や心筋梗塞、ガンなどの原因にもなりますので、まさに「百害あって、一利なし」だと改めて認識しましょう。

今回の下げ活ポイント

今回の下げ活ポイントは【30代40代の過ごし方が大切】です。

30代、40代ですとまだまだ元気で、プライベートでも仕事関係でも飲み会が多かったりします。

健康に悪いと分かっていても飲酒も喫煙も美味しい食事も、やめられない人が多いと思います。

しかし、その後50代、60代と歳を重ねるごとに自然と上がる血圧に、若いころの無理がプラスされて、正常値を大幅に超えた高血圧になるなんてことも考えられます。

それどころか、30代、40代のうちに高血圧と診断されてしまうことだって当たり前のようにあります。

高血圧はなってから治すのは結構時間も手間もかかりますので、なる前に遊ぶときは遊ぶ、休むときは休むなどメリハリをつけて、予防を意識した行動や血圧に良い食事、運動などの知識を身に着けて過ごすことが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す